自宅の家づくり失敗経験から、
あらゆる工法や素材、建材を必死になって勉強しました。
解ったことは、海外の家と日本の家に根本的な違いがあること。

海外の家づくりは工法がただ一つ。家が長持ちすることが前提で、
その地方、地域の気候、風土に合った素材や建材を
使い職人の技術で仕上げて行きます。
日本のように、「あの工法が良い、いやコレも良いよ。」といったブレがなく、
家づくりがその国の「文化」となっています。

日本の家づくりの多くは、住む人よりもどちらかというと業者側優先。

家づくりを効率よく作って、早く商品にしてしまう
「産業」になっていると言っても過言ではないと思います。
海外へ行かれた方ならご存知だと思いますが

日本の車を見かけることはあっても
日本の家を海外で見ることはあまりないと思います。

どんなに有名な住宅メーカーの家でも
海外の人から見て日本の「家」が
住む人にとって「良くない」という紛れもない事実があるからです。

海外市場に受け入れてもらえない日本の家づくり。
そんなことマイホームを建てるとき考えもしませんでした。
効率を上げるために工業化された建材を多用し、
我が家のように体に悪影響を及ぼす可能性のある
日本の家はいったい何年住めるのでしょうか?


たった30年もたないという事実をご存知ですか?


「この衝撃の事実を伝えなければ。」

そして
「もっと住む人の目線の家づくりの仕事をしよう。」

そう思い立って独立を決心しました。

これがCloverの誕生物語です。
長男と次男 

自宅をつくり、子供が犠牲になってようやく気付きました。
 

高校卒業後18歳で地元の建築会社に就職して
、家を作る職人の世界と家を売る営業の世界の両方を経験してきました。
営業が苦手なのでどちらかといえば現場のほうが好きです。
いや、間違いなく現場です笑

マイホームを手にしたのは下の子が生まれた平成164月です。
海外のカッコいい家に憧れもあり
カナダ産レンガの外断熱仕様壁材を使用しました。
外壁に予算をかけた反面、屋根、内装建材はすべて国産、
セメント瓦に単板ガラスのアルミサッシ、合板フロアー、
ビニールクロスにCFシート。
出来上がった時はあの予算でこの上ない自信作でした・・・。

しかし、
実際に住み始めると梅雨時期の室内はジメジメして床はベタベタ、
冬は気密の悪いサッシからすきま風に結露で窓の周りはカビだらけ、
さらに、生まれたばかりでなんの抵抗力もない子供が
シックハウスから喘息にアトピー皮膚炎。
症状がひどい時には入院もしました。
自分が造る家は、家族の健康にこんなに悪影響を与える家だったんだ・・・
と、その時初めて気がついたのです。
P1020954 

営業活動もろくにしていないのに
資料請求ありがとうございます。
まずは資料をご覧になって気になることがあれば
小さなことでも何でもお気軽にメールでご質問ください。
ぶっちゃけ話大歓迎です。正直に答えます笑 
家づくりの「相談や聞きたいこと」の場だと思っていただければ幸いです。
設計・新築・リフォームに関してまずは
Cloverを知って頂くことからがスタートになります。
そのご説明と皆様の関心事のご相談、ご質問の回答を
代表である田代が対応させて頂きます。
ご相談のお客様の半分以上の方は土地がない方で、
これからスタートをするというケースもあります。
土地の探し方や土地の予算はどのくらいにしたらいいのか?
といったこともアドバイスします。
土地がない、どうやって探したらいいのだろう?
予算はいくら?どのくらいの返済ならできるだろう?
素材の違いって何?自然素材のメリットやデメリットは?
そんな家づくりの疑問をメールで対応させていただきます
その後、Cloverの家づくりに興味を持ち
会って話がしたい、などのご要望があれば無料カウンセリングという流れになります。
家づくりを検討中の方とお話をする中で、住宅展示場や見学会へ行っても
具体的にどのように進めていってよいのか分からない。
という声をよく耳にします。
家づくりは、間取りを作るだけではありません。デザインはもちろん、
資金のこと、土地のこと・・・などなど、
多くの事を決めなくてはいけません。
雑誌やインターネットからたくさんの情報を得ることができても、
「結局、自分たちの場合はどうなるの!?」と思いませんか?
重要なのは『家づくりの正しい流れを理解すること』です。
不安に思っていること。家づくりに関することならなんでもご相談ください。
社長の私がご説明、対応させていただきます。
せっかくのマイホームプラン。悩みや不安を私たちと一緒に解決し、
楽しい家づくりに変えていきましょう!

まずはお気軽に資料請求をどうぞ。150419059
 

↑このページのトップヘ