自宅をつくり、子供が犠牲になってようやく気付きました。
 

高校卒業後18歳で地元の建築会社に就職して
、家を作る職人の世界と家を売る営業の世界の両方を経験してきました。
営業が苦手なのでどちらかといえば現場のほうが好きです。
いや、間違いなく現場です笑

マイホームを手にしたのは下の子が生まれた平成164月です。
海外のカッコいい家に憧れもあり
カナダ産レンガの外断熱仕様壁材を使用しました。
外壁に予算をかけた反面、屋根、内装建材はすべて国産、
セメント瓦に単板ガラスのアルミサッシ、合板フロアー、
ビニールクロスにCFシート。
出来上がった時はあの予算でこの上ない自信作でした・・・。

しかし、
実際に住み始めると梅雨時期の室内はジメジメして床はベタベタ、
冬は気密の悪いサッシからすきま風に結露で窓の周りはカビだらけ、
さらに、生まれたばかりでなんの抵抗力もない子供が
シックハウスから喘息にアトピー皮膚炎。
症状がひどい時には入院もしました。
自分が造る家は、家族の健康にこんなに悪影響を与える家だったんだ・・・
と、その時初めて気がついたのです。
P1020954 

営業活動もろくにしていないのに
資料請求ありがとうございます。
まずは資料をご覧になって気になることがあれば
小さなことでも何でもお気軽にメールでご質問ください。
ぶっちゃけ話大歓迎です。正直に答えます笑 
家づくりの「相談や聞きたいこと」の場だと思っていただければ幸いです。
設計・新築・リフォームに関してまずは
Cloverを知って頂くことからがスタートになります。
そのご説明と皆様の関心事のご相談、ご質問の回答を
代表である田代が対応させて頂きます。
ご相談のお客様の半分以上の方は土地がない方で、
これからスタートをするというケースもあります。
土地の探し方や土地の予算はどのくらいにしたらいいのか?
といったこともアドバイスします。
土地がない、どうやって探したらいいのだろう?
予算はいくら?どのくらいの返済ならできるだろう?
素材の違いって何?自然素材のメリットやデメリットは?
そんな家づくりの疑問をメールで対応させていただきます
その後、Cloverの家づくりに興味を持ち
会って話がしたい、などのご要望があれば無料カウンセリングという流れになります。
家づくりを検討中の方とお話をする中で、住宅展示場や見学会へ行っても
具体的にどのように進めていってよいのか分からない。
という声をよく耳にします。
家づくりは、間取りを作るだけではありません。デザインはもちろん、
資金のこと、土地のこと・・・などなど、
多くの事を決めなくてはいけません。
雑誌やインターネットからたくさんの情報を得ることができても、
「結局、自分たちの場合はどうなるの!?」と思いませんか?
重要なのは『家づくりの正しい流れを理解すること』です。
不安に思っていること。家づくりに関することならなんでもご相談ください。
社長の私がご説明、対応させていただきます。
せっかくのマイホームプラン。悩みや不安を私たちと一緒に解決し、
楽しい家づくりに変えていきましょう!

まずはお気軽に資料請求をどうぞ。150419059
 

ずいぶんとご無沙汰していました。
今日から気分も新たにこの田代貴のBlogで更新していきます。
前職時代も含め 10年以上も前から書き綴っていますが
その時の気持ちや状況で感じ方も捉え方も違ってきます 。
今の素直な気持ちをそのまま書きたかったのですが
組織の中にいるとそれがいつの間にか出来なくなってしまい
書くことを止めて少し時間おいてじっくり考えてみようと・・・。
それまでのことはそれまでのこと。
新たな一歩はまた新たな一歩。
そうワクワクする気持ちをいつまでも持ち続けたいと
2017年はスタートしました。
よくお客様に
「家づくりがゴールじゃないですよ、家はツールです。
大事なのは家族が成長をしながら
人生を楽しめることができるかだと思っています」
と言っているくらいだから、まず私が楽しまなくてはいけません。

それからは
自戒の念をこめて現状をぶっ壊そうと決めました。
ちょうど2年前にお世話になっていたグループを退会しました。
全国の仲良くさせていただいた仲間と
会えなくなるのは寂しいかったですが
やりたくないこと、やれないことは正直になろう。
今のCloverのお客様に必要なことを、
本当に田代貴に出来ること、やれることをやろうと決めました。
幸いにも親しくさせていただいていた仲間は今でも良くしていただいています。
ありがとうございます。
自分にやれること、自分にしか出来ないこと
気が回らないこと多々あると思いますが
これまで同様よろしくお願いします。
この宮崎の地の気候風土に対応する性能と耐久性を持つ家を
「住む人目線」の家づくり
これからも地道にコツコツとつくっていきます。
どうぞよろしくおねがいします。

↑このページのトップヘ