2017年10月

今、家を建てようとしている方は
どのように建築会社を選んでいるのでしょうか。
Cloverへご相談をされるお客様には
大きく分けて2通りの方がおられます。
「Cloverさんに決めました。お願いします」
「いろいろ比較検討したいのでこの場合どうなりますか?」
大きく分けるとこの2つ。
数年がかりで家づくりを実行される方がほとんどなので
いろいろ比較検討した結果で決める方が多いはずです。

中には他社でプランニングされた
図面を持って来られる大胆な方もお見えになります。
この2通りの方
どちらでもうちは対応に変わりないのですが
家は一生の一度の大きな買い物
比較検討することはとても重要だと思います。
ってか、してください。笑
でも
「うちのラーメンはマズイよ!」というラーメン屋さんがないように、
「うちの家は数年でダメになるよ~」という建築屋はいません。
よく聞く話はハウスメーカーの見積。
マックのような今だけ大作戦!
今見積すると値引き○○○万円。
旅行プレゼント!や
いつまでに契約の方○○差し上げます。
見積ってなんなの?と一時期は思っていましたが
作る会社と売る会社の違いかなと。
世の中に、「全ての人にとって最高のもの」はありません。
できるだけ広い範囲に受け入れられるもの、
別の言葉で言えばツブシがきくものを汎用といいます。
でも、それは、一人ひとりにとって最適のものではありません。
そして、逆に誰かにとって最高のものが、
他の誰かにとっては全く受け入れられない場合もあります。
それでもCloverの家は
価値観を共有していただける方にとって、
他社に変え難い最高のものにしたいという気持は溢れるほど持っています。
1棟1棟丁寧につくり
自然素材が与えてくれる心地よい暮らしと
経年を楽しみ、安心して長く住み続けられる家を
子育て世代にも手の届く価格でご提供したいと思っています。

2002年厚生労働省は13種類の有害化学物質と
室内における濃度の指針値を定めガイドラインを策定しました。

この指針値とは人がその濃度の空気を吸い続けても
健康を害することがないと判断される値とされています。
健康被害を引き起こす恐れがある化学物質13種類
image













ん?
2003年の法改正(シックハウス対策法)はホルムアルデヒド1種類だけしか規制されていないのに・・・
13種類?なんでやろ?
厚生労働省で良くないとされている
13の科学物質については法規制化寸前で11全て消されて
なんの規制もされていないという事実です。
だから24時間換気システムなんですね。
実は有害物質は厚生労働省が選定した13種類以外にもあります。
そして、13物質が指針値に達していなくても
化学物質に敏感な人では反応してしまうのです。
うちの子の皮膚が引越し後ボロボロになった訳が
この事実を知ってようやく納得できました。
長男と次男














24時間換気するから良いんじゃないの?
という理屈も言葉だけで
実は
1時間で半分、2時間で全ての空気を入替えの計算ですが、
実際には1時間で汚染された空気を50%薄め
2時間で25%に薄めるに過ぎず
換気中でもビニールクロスや合板からは
科学物質は揮発し続けているので
計算通りの換気はありえません。
子供騙しみたいな物ですね。
この法律が施行されて以降シックハウスの被害件数は増加し
換気システムの義務化により冬場の乾燥が大きくなって
インフルエンザの感染が明らかに増えたそうです。
そして皮肉なことに
加湿器の売り上げが爆発的に増えて
それが原因で結露が起き冬場では考えられない
カビやダニの被害が発生しビニールクロスの張替え時期を早めました。
当然、家の寿命も短くなったという事。
そして儲かったのは家電メーカーと量産ハウスメーカーという事実。
海外ではアメリカ45種類はドイツ50種類
これが住宅建材に使用規制された有害物質の数です。
日本はというと2種類。
室内建材はたったの1種類ホルムアルデヒドだけ。
なんか別次元の話ですね。

24時間換気システムは何を採用していますか? 
ご質問を頂きました。 ご質問ありがとうございます。
改めて聞かれると、あれ?何だったっけ?と一瞬固まってしまいました。
Cloverが採用している換気は
 一番コストのかからない自然吸気、機械排気の第3種換気です。
24時間換気は
1990年代の中頃から新建材に含まれる化学物質が家の中でゆっくりと揮発し
新建材を使った家の中で暮らす家族に健康被害を与える家族が増えたからです。
この頃から「シックハウス」とか「シックハウス症候群」という言葉が盛んに使われるようになりました。
それから2003年の法改正(シックハウス対策法)で
ホルムアルデヒドを含む建材に対する使用制限
24時間換気の義務
クロルピリホスの使用禁止
となりましたがクロルピリホスは床下のシロアリに対する防蟻材の規制なので
室内建材で規制されたのはたったの1種類ホルムアルデヒドだけです。
 
たった1種類のホルムアルデヒド規制と24時換気は義務化となりましたが
何で換気扇を24時間回さないといけないのかご存知でしょうか? 
規制したのであれば換気扇は要らないんじゃないの?
実は、 ホルムアルデヒドの使用量を制限したもので
放散量を少なくしてね、という甘々の規制だったのです。
しかも少ない分、使用面積に制限がなく
言いかえればいくらでも使って良いので、
単位面積あたりの放散量が少なくても
使用面積が広ければそれだけ多くの
ホルムアルデヒドが放散され室内濃度は高くなるのです。
しかも日本の家はビニールで気密性まで上げて
毒を閉じ込めてしまう始末。
シックハウスが減るはずもありません。
だから24時間換気なのです。
全ての居室には、1時間当たり0.5回以上の換気設備が義務づけられました。
新建材からは化学物質が絶えず揮発しているのに、
換気していれば大丈夫、という考えには私はなりませんけど。
換気扇メーカーはウホウホです。
それがまかり通ってる世の中だから不思議です。 
だったらそんな建材を使わなければ良い話だと思うのですが・・・

毒の話はまだまだあります。 

この仕事をしていく中でわかったことがあります。
リフォームにしても新築にしても「誰かのため」にやるということ。
子供のため
奥さんのため
親のため
そして自分のため。
大切な家族の笑顔に繋がるこの仕事は大袈裟かもしれませんが

その家族の“人生”に役立てた気がします。
efa46e69













実家を解体しながら、昔の人の知恵に驚かされました。
室内環境を常に新鮮に保つために
使われていた素材は木材、石、藁、土などの天然素材で、
それらは適度な調湿機能をもち、
素材がゆるやかに呼吸し、蓄えられた湿気は外部に放湿され、
逆に外部の湿気を壁内に蓄えて冬の乾燥時には
必要に応じて少しずつ室内に放湿する。
エアコンや加湿器など
ハイテクな機械による制御ではなく、
自然の作用によって「ちょうどいい」心地良さを実現していたのです。
当時の職人さんに言わせれば
「あたりまえだろ!」って言われそうですが
今は当たり前ではなくなっています。

あれから10年が経ちましたが、木や石や土などの自然の素材で

心地良さや耐久性を保証してくれる家づくりだけを追求すること、
それが自分の進むべき道だと教えてくれました。
本物の質感が与えてくれる心地良い暮らしと
経年を楽しみ、長く住み続けられる家、
それを私は「価値」だと考えています。

日本の家づくりの真実を知ってしまった以上
知りながら害をなすことはできません。

未来を担う子供たちのためにも
衣料も・・・食事も・・・住宅も・・・
全てが思いやりの心を大切に人の手で届ける時代になればと願います。
まずは自分の心からです。

田代貴は「住む人の目線の家づくり」に
地道に挑戦していきます。
72fea6f5 

 

全てのモノは、時間の経過から逃れることはできません。
経年=劣化と

経年=アンティーク
という言葉あります。
経年に関する考え方は、その人の価値観が色濃く反映されます。

私は4歳の頃、父親が交通事故で突然他界し母の実家のある延岡で育ちました。

子供の頃は、築50年以上は経っている家の車庫として使っていた部分を

リフォームした部屋で合板のフロアーとプリントベニヤの壁に仕上げられた
6帖一間に男三人兄弟同じ部屋で過ごしました。
2
段ベッドに学習机3台、ベッドの上が自分の唯一の基地でした。

今思うと兄弟3人ともずっとアトピー皮膚炎でした。
当時、建築の仕事に初めて触れたことを覚えています。

離れにあった風呂を家に新設させる工事です。
それまでタイル貼りの浴槽に薪でお湯を沸かしていました。
工事期間中に来た大工さんや、左官職人さんとはよく話をしました。
いつもその工事をずっと近くで見て日に日に出来上がっていくのが

楽しかったのを覚えています。
祖父の好みで天井の高い浴室が出来きました。
排水溝周りも水勾配以上に勾配のとれた今思うと高齢者には最悪の浴室でした。
それでも子供には関係のないこと。
風呂が新しくなり、子供にとって家に併設してある浴室は夢のようでした。
離れにあった風呂のように雨の日濡れずにすむし、
素っ裸で家まで走ることがないから冬に湯冷めすることもありません。

たった一坪の浴室でしたが銭湯のようにすごく大きく見えました。
それから風呂が大好きになりました。

祖父が他界し、築70年以上経った家も10年前に建替えました。
生まれ育った家を、大好きだった風呂を取り壊すときはさすがに昔を思い出し
記念に撮れるだけの写真を撮りました。
いつでもあの当時を思い出せるように。
祖母は毎日工事の様子を黙ってみていました。
今はその気持ちが理解できます。
ガキだった自分がその時はわからなかった感覚が

今では手に取るようにわかるようになりました。
新しい家が完成したとき、祖母は泣いて喜んでくれました。

田代貴の建築に対する原点はここです。
20160525_162

↑このページのトップヘ