カテゴリ: Cloverの家は

11DAE8F3-E278-4F3C-A3A3-F6433A258C4D
久々の出張です。
今、建築の仕事はどこも忙しく
来年の増税を前に駆け込み需要がすごいみたいです。
当然、需要が多いといことは供給が追いつかないので
必然と値上げが起ころうとしています。
よく聞く話で予想もしていました。
小さな工務店のCloverはあまり関係のないことですが
正しい情報を自分で確かめ見極めて実行できるように
常にアンテナは伸ばしておかないと、と思う今日この頃。 
予測、ホント大事です。 

F4610445-9404-4DE1-8CAA-C810362B825B

FE39F783-B775-48F7-B711-84115B2E7436

鶴ヶ丘の家もウッドデッキが出来ればほぼ完了。 
慣れない作業工程にあたふたしましたが職人さんに力を貸していただきました。
木をペンキで塗りつぶす・・・ワイルドです。

さて、佐土原の家が着工しました。
オーナー様は縁合って家づくりをCloverに託してくださいました。
ACED0C68-4D8F-491B-A711-97E9795F5A48

FBED3C7A-75B4-4AA4-8A8F-C544BC32DA53

A0070CE5-939B-495C-9BA8-29B971D84440

基礎はもちろんダブル配筋。
業者さんからは最後の最後まで
「シングルじゃダメと?」
って言われましたが、
Cloverの基礎は、一般的なベタ基礎とは違い、
鉄筋を上下に配筋する「ダブル配筋」を採用しています。
鉄筋を2層にすることにより、シングル配筋よりも基礎の強度が増し
建物をより安全に支えることができるのです。
この基礎は、東日本大震災でもほとんど被害が無かった、
ガソリンスタンドと同じレベルで
避難所となる学校や公民館の1.7倍の強度になります。
想定外の自然災害に、今後どう向き合うのか。
安心、安全に、永く、豊かに暮らすために必要なこと。
家が出来てしまえば目に見えない部分ですが
Cloverではしっかりコストをかけて家づくりをしています。 

緑ヶ丘・体感見学会
23日(土)何年ぶりだろ?体感見学会をやりました。
今回は緑ヶ丘の家。
オーナー様にはかなり無理言って予定を入れてもらいました。
いつもありがとうございます。
Cloverの見学会は家が完成して数ヶ月~数年経った家を
体感していただく見学会です。
家が完成して引渡前に行う見学会との大きな違いは
家のオーナー様と本音トークが出来ること。 
住み心地、使い勝手、こだわり、ランニングコストなど
実際のとこどうなのよ?
という答えを聞くことができる好評の見学会です。
ピッカピカの新築時ではわからないことがたくさんあるので
オーナー様方には本当にいつもお世話になっています。
「何が正しいか」なんて人それぞれです。
それでも自分が好きだな~って憧れる家と
本当に良い家って思える理屈と
その理屈通り良い家と確認できる体感から
ぜひ家づくりをスタートしていただきたいと私は思っています。

今回の見学会は資料請求されたお客様からの流れです。
Cloverでは事前相談から
事務所にお越しいただき打合せをさせていただいています。
最近はまず資料請求をしていただき
気になること、不明なことなどを全てメールで対応させていただいています。
Cloverは小さな工務店です。
量産メーカーのような至れり尽くせりのサービスは出来ません。
家づくりは目に見えない形のない状態で
建てよう!、と決めるのですから
Cloverがやるべきことは
何が正しいという話ではなく
不安やギャップをなくす努力を欠かしてはいけないと思っています。
興味をお持ちの方はまず資料請求をどうぞ。


いい家づくりの成功の秘訣は
納得しない限りは答えを出さないようにすること。 
「説得」されるのではなく「納得」することです。
それが良い工務店を選ぶこと
信頼できる担当者を選ぶことにつながるのだと思います。
工務店選びをされるのはお客様です。
私は不明な点を説明するだけで営業ができません。 笑

久々の投稿です。
応援コメントでしょうか、
見に来てるんだからもっと書けよ、
というプレッシャーをひしひしと感じながらも
間が開いてしまいました。
いろいろ考えさせられる期間でした。

さて、今日は久々の契約が1本。
全く営業活動をしていない中でも
こうやってご依頼を頂くことは本当に感謝であります。
S様、7年越しの夢いよいよですね!
完成まで家づくりを一緒に楽しみましょう!

マイホームは量産メーカーや規格型住宅、建売まで含めると
Cloverがやっていること、できることは 
ミジンコみたいな活動です。
ご縁のあった方と話してみると
普通の家の基準が何なのか
判断が難しいと思いの方は実に多いです。
同時に「今の家賃と同じくらいならなんでもいいよ」
「断熱?素材なんかなんでもいいよ」
という方も同じくらい多いと思います。
これは残念ですがCloverの力の及ぶところではなく
Cloverの仕事、価値観はその真逆です。
一生に一度のマイホームだから、
と1つ1つの作業を積み重ねる感じ、
積み重ねるという表現が一番合います。
セルロースファイバーに塗壁だけでも
時間と手間のかかる大変な作業ですが
お客様にとってみるとその大変な作業の先に
楽しさや嬉しさが待っています。
「お客様の思いを、Cloverが形にする。」
言うのは簡単ですが実に奥の深い言葉です。
人によっては困難で時間がかかり、
迷った分だけ嬉しさも喜びも思い入れも深い物になることも。
素材を選ぶこと、
デザインに迷うこと、
予算に届かず面積を減らすことも、
変更する迷いも、
私の対応の悪さでイラッとすることもあると思います。
全てが順調にパーフェクトではないということ
「その1つ1つの気持ちが入ったCloverとお客様との家作り」
それが「Cloverの家」なんだと思っていただけたら幸いです。

↑このページのトップヘ